読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の夢

前に住んでいた○山の家に、現在のパートナーとモノを取りに行く
元旦那が不在という前提で向かったもよう
家のなかは私とこどもたちが住んでいた跡形はあまりなく
かわりにあちこちに大きな紙に書きかけの絵がある
女性が描いた絵とわかる
女性が出入りしてることになんとなく安心する
ふと元旦那が帰ってくる
現在のパートナーと鉢合わせして私は気まずく感じるがふたりは淡々よりかいくらか親しげなやりとりをして家を出る…

場面は代わりある霊能者の女性に会いにいく
私は以前現実にあった人なはずだけど
顔はぼんやりしていてどこにでもいるおばちゃんという風情にころころ変わりはっきりしない

私は聞きたいことが矢継ぎ早にあったはずなのだけど、会話は間をはさみゆっくりゆっくりしている
机を挟んで座っていたはずなのにいつの間にか同じ布団で寝転んで話している
私は聞いた 私は再婚するんでしょうか?
おばちゃんは しない…と答える
あぁ…じゃぁもうすぐ死ぬんですか と聞く
おばちゃんは、わかってるのね…と答える
私は生き長らえたいので、なんで死ぬんでしょうか?と聞く
すると 借金…と答える
借金!?とびっくりする
借金苦で自害するビジョンが浮かぶ
いやいやそんなはずない、過去に借金で苦しんだり親に迷惑かけたりしたことがある
だから借金なんてもうする訳がないし自殺だって昔は本気でしたかったけどそんなこどもたちが苦しむことする訳がない、と頭の中が忙しくなる
きっと借金に気を付ければそんなすぐ死ぬってことはないんだ…そうすれば50歳くらいまでは生きられるかな…と思う
でも、そんな長くは生きられないんだ…
なんとなくそう思っていたけど
そう思うといま生きてる瞬間がなんて貴重なことか…もっと様々なことを大事にしなければ…いらないことをそぎおとして…

そう思いながら目が覚めた

いろんな心配事を凝縮したような夢
でも不思議と見たあとは嫌な気持ちじゃなかった
取り組むことが、明確になった