蠍座木星時代

10月10日から木星がさそり座に入った。

なんだかずいぶん前のようにも感じるけどまだ先月だ。

土星が学習、耕す星なら、木星は収穫する星。

 

さそり座は私のカルマの部分である。

私のホロスコープはほぼいて座とさそり座でできている。

 

蠍座の意味するところは、冬に備えて種子を貯蔵し次のサイクルへの受け継ぎを図ることから、生と死、執着、洞察、本質を見ぬくこと、セクシャリティ、妊娠と出産、霊界や冥界、遺産や受け継ぐ事、他者からもたらされる利益や損益、自分のものではない財産や物質など、、、、(引用)

 

前に土星がさそり座を耕したのは

 

2012年10月06日05時33分~ 2014年12月24日01時36分

 

2015年06月15日09時40分~ 2015年09月18日11時47分(逆行)

逆光は基盤をもういちど整え直すエネルギー。

 

 

そして今年10/10から収穫している。

 

 

2012年10月といえば 第二子を妊娠中で

あそこでの暮らしを頑張っていた。この人、あかんかも、、、、という不安を

抱えながらも、まだ大丈夫だと、まだ希望を捨てたくないと。

あそこで頑張りたいと思っていた。

しかし暗雲はだんだんと近寄り、限界を迎えた2014年の夏に逃げ出し、

その年末に離婚を果たした。

寺という自分の財産ではない財産と向き合い、

パートナーシップに悩み、

私がいつも男性に対して自分を委ねすぎていたことに気づき、

相手の本質的な弱さにも気付き、、、、まさしくそういう期間だった。

 

そして逆行の2015年06月15日からも、、、、

次女の父親と一緒になろうと試みたものの、あまりの相手の闇の深さに、

これでは笑顔で子育てをするのは無理だと、7月に東京に帰って、

「考えなおし」、突き放して、責任を追求されながらも、

作りかけたパートナーシップを無理だと解消した時期であって、

こうして振り返って惑星の運行と合わせながら考えていくと、あまりに合致してして、

恐ろしいほどである。

 

私のカルマのさそり座について、二段階でほんとうに痛い思いをしながら

学ばざるを得なかった、そんな様相。

 

つまり、しっかり学んだ、と思いたい。

 

収穫。

10/10〜。

いまのところ起きていることは、

10月末に引っ越し。

次女の父親とは、距離感をもって接している。

会うときは正直ツライが、次女には父親の愛をうけとる器があるし、それを

邪魔することはできなくて、

会ってない時は、わりと、気楽にしている。

毎月の養育費さえくれれば、という感じである。

 

 

下記、

ちまたでもかなりたくさんの人が重要視している

木星さそり座時代」について、

私にとっての大切なメッセージをコピペさせていただく。。。。。

無断転載すみませんだけど、、、、

---------------------------------------------

蠍座木星時代に、いい影響として受け取れるのは以下のような人だと思います。

 

☆自分と他者(パートナーなど)との信頼関係を構築できている

☆自分の内側の弱い面もしっかり見つめてきた

☆死や性といったテーマにも向き合ってきた

☆目に見えない存在に助けられていると信じられる

☆人にお願いしたり頼ったりすることができる

 

2012年の10月から2015年の9月までの蠍座土星があった時代に、
自分の内側を深く見つめて自分を変容させることができた人、
目の前の人や職場などとの関係性を通して、
自分の真実を見つめ、関係性を変化させてきた人。

そんな人は、蠍座木星時代はすごくいい1年になると思います。

たくさんの信頼できる人々に囲まれ、
努力して築いてきたスキルや知識を発揮できる。

求められていく。

 

そうでない、嘘偽りで固めた人は、全部ばれちゃう。

 

政治も会社も、みんな、嘘がばれちゃう。

 

そんな1年になると思います。

 

-----------

1983年から1985年生まれの人は、土星蠍座です。

今まで温めてきた決断をする、忍耐が報われるという時期です。
-------------------------

 

- 1983年から1995年年生まれの人は、冥王星蠍座です。

人生において、新しい視点を得る、個人のパワーが強調される時期です。

息子たちの世代です。

ちょうどサターンリターンでもあるので、人生に対する考え方に、変化が起きるかもしれません。

この世代の皆さま、いかがでしょうか?

もちろん、ホロスコープは全体判断なので、他の天体の影響も、考える必要がありますが。

木星の動き、考えるだけで、楽しくなってきます。

----------------------------

蠍座

身体、アイデンティティー。

「ワタシが本当にやるべきこと」「個性」をアピールできる。

オリジナルの自分でよいという気持ちになれる。

楽観的に考えることが出来るようになる。

新しい自分への脱皮

 

射手座

スピリチュアル、秘密の領域、癒し

精神的にリラックスできる時間。

見えない領域(前世や過去)に対する関心

精神的なことに取り組む

ペンネームでの活動

 --------------------------------------------------------

土星蠍座が滞在していた
2012年10月〜2015年9月
に蒔いた
を咲かせる木星蠍座時代。
 
 
あなたはその時
何をしていましたか?
 
 
 
そして
2018年11月 9日
木星蠍座から射手座へ移行。
 
 
蠍座木星期に深めたものが
世の中に広まって行きます。
 
 
 
だから、未来を見つめようー。
 -------------------------------

 

いったんおいといて、

木星(収穫)が前にさそり座にあったとき。

2005年10月26日11時50分~ 蠍座
2006年11月24日13時44分

 

 

 

 

恋愛の現在地

この前、10年来の友達があそびに。

遊び人時代(性的な意味ではない)を共にした親友。

 

いろいろ話していたのだけど、

次女のことを、「まぁ貴女とMくんの子供なら相当ハッピー野郎っぽいよね」

と言ったときに

うーん、、、私はもう最近は自分のことハッピー野郎だとは全然思えないけどね、、、

と答えたのは、本心だった。

そう本心。

私の今生のカルマは恋愛だと思う、と言う彼女に、

私もだよ。負けないよ?と笑い合う。

恋愛。いつもそれで引き上げられ、いつもそれでしくじる。

そのパターンに懲り懲りになったから、めちゃくちゃ恐れてる。

だから、重たくて低くて優しい音楽を聞きながら、夜中に思いをキーボードで叩く。

私にも性欲はあるし、優しかった昔の恋人を思い出しては少女漫画みたいな

想像をしたりもする。

ぶっとく刺さったこの釘が抜ける日は、いつかくるのだろうか。

それを抜くのは、他者なのか、他者を介した私自身なのか。

絶対やめろよ、の前フリみたいに、

嫌だ嫌だと思っている次女のパパと結局一緒になる、なんて人生は思い浮かばない。

 

多分生来ハッピー野郎で、そのままだと危うい感じの私だから、

いまはこれくらいでも、もしかしたらいいのかもしれない。

これくらいの警戒心や慎重さが、ふつうなのかもしれない。

 

言い訳しない一歩一歩。

そんな時期なのかもれない。

 

ほそい道をひとり歩く、

そんな時期なのかもしれない。

 

引っ越したばかりだけど、

早く引っ越したい。

 

個々が個々でありながら、

大いなる愛を生きられる世界に。

子供達には、そんな愛で接していたい。

 

ぱぱ きらいの

朝六時ごろ、半分起きて半分寝てる状態のとき、くっついて同じように半分起きてるもうすぐ2歳になる娘がこう聞いてきた気がした。

『まま、ぱぱ きらいの?』

本当にそう言ったのか、半分寝てたので定かではないけど、そう聞こえた。

なにも答えられなかった。

ごめんね、と言おうかと思ったけどそれも違うと思って、何も言わなかった。

 

娘ももう気付いているみたい、上の子たちが彼のことをパパと呼ばないことを。

私があまり彼が好きじゃないことを。

 

パパとママ両方揃ってなくてごめんね。

 

パパはあなたのことが大好きだけど

一緒には暮らせない。

 

パパのことを好きになれないママなんです。

ほんとう申し訳ない。

 

 

奇妙な縁

保育園で、たまに軽く立ち話をするお父さんがいた。

なんか江戸時代にでもいそうな、背は小さいけど体格よくて明るくて男気ありそうなガハハって感じの

今日スーパーで会った。

最近娘の小学校進学についてよく考えるので、その辺聞いてみたりした。

下の子が息子と同級。

真ん中の子が小6。上の子が高3?中3だったかな?

3人いると大変ですよねーってはなしで、

しかも私シングルなんですよ、3人いて

と言ったら驚かれたのち

まぁ下の子の父親とは交流あるんですけど、

とか、認知は?と聞かれたり。

そして、ぶっちゃけられたからぶっちゃけるけど、実はうちも俺と直接血が繋がってるのはI子だけなんだ。と。びっくり。

上の子たちは養子縁組してるらしい。

たまたま好きになった人に子どもがいたっていうね。とか言ってた。

じゃあ状況的には、もし私が下の子の父親と再婚してたら同じですね。

だから話しやすいのかなー。とか。

そこから、

彼は上の子たち含めて自分の子って覚悟はしてくれてた人なんですけど。いろいろあって私が出ていっちゃったんですよね。

とか

今でも望んでくれてはいるんですけど、正直男性不信でしばらくは無理、ってなってます。

とか

しかも遠方のお坊さんだし。

とか。

なんかいろいろ正直に話しやすい人だった。

本音を引き出させるのが得意なのかも。

ズバっとした返答してくれるし。

なによりこの状況をリアルに別性からの立場でかなり近いとこまで理解してくれるひとは初めてなので、長い立ち話になった。

今度ゆっくり話させてください、と番号を交換してもらった。

ふだん言えない本音。

男の気持ちよくわからないでしょ?

って聞かれて

わからなくはないけど、わかりたくない、ですね、今は。とか

人間不信で、すっごいそのへん頑なになってる自覚はあるんですけど、どうやったら解けていくのかまだわからないですねー。とか。

それは時間だよね。外から無理矢理溶けるもんじゃないから。そうそう。

なんの流れか忘れたけど、なんかが親のエゴ、我が儘だからねー。って。

そうなんですよねー、我が儘言ってる場合じゃないですよねーとか。

 

まぁ多岐にわたる話で。

 

 

当面、わたしが立ち会っているのは住宅問題。

家族話もいいけど、色々知ってそうな人だから、このへんで安くて広い物件知らないですか?って喉まで出かかったわ。笑

 

五万くらいで広い家なんてナイわー

 

 

自分慰め

今回の片付け(台所改修に伴う)がなかなか進まないのは、私に心的トラウマのようなスイッチが入ってしまうことも原因してそうだと思いあたります。
多きな片付け=引っ越し を彷彿させる。
ここ数年、引っ越しにいい思い出がないから。

別居以前の  夏期に部屋を移動する際、元旦那がまったく協力的でなかったこと。
別居で、実家に荷物を運んだこと。
それからまた四国に引っ越したこと。
四国では2~3家族ぶんの家財を片付け引っ越ししたこと。また岡山にうつり
さらに九州に移り…九州からも、引っ越したこと。
ことごとく、辛い思いをしていたこと。

もう嫌って思ってしまうんだ。
これ以上荷物を片付けたくない、って気持ちが根っこにあるみたいだ。

とりあえず今日は寝ようと思う。
いろいろ忘れて。

歯だけ磨いてね

オヤスミ、自分

太陽は明日ものぼる
月は照らす

オヤスミ、自分

そんな日もある

月曜夜に下の娘が嘔吐下痢はじまり、
水曜金曜と仕事休み土曜にやっと仕事行きーのの帰りの道の川縁の一服。
修羅場だった。
娘を気遣い    自分も体調思わしくなくて
疲れたよ。わたしゃ
食べ物もテキトーになるし
いろんなことがテキトー
やってないことたくさん

息子のあせも放置しちゃった
かゆがってるだろうな
ごめん

なんかいろいろごめん

部屋が片付かなくてイライラしたり
買ったもの腐らせちゃったり
BADな数日間だった

そんな自分も存在する
そうじゃない自分も存在する

マッサージ受けにいきたいなぁ



久々に映画一本みた。
間をあけながら、1ヶ月ごしくらいで。笑
『ボルベール』。
良い映画でした。

明日は満月か。
最近宙模様あまり見てないけど、
昨日は木星がよく見えた。
やぎ座満月。

なんか最近また変わりつつある。
パワーの使い方なのか。

クローズにするとこはクローズにして、
集中する。みたいな感じ。
その流れで、SNS断捨離。
FBは、この人の投稿は見たいってのはフィードに残して、あまり会ってないような人のはみんな非表示にして、オンライン電話帳みたいな感じ。
あまり使ってないツイッターも白紙にした。
インスタだけ残したー。
すっきりしました。

やっぱり、週4日働くペースが出来たおかげで、それ以外の時間もきゅっとしてきた。
 より地に足をつけてまっすぐ歩いていきたいと思う。